美とプラセンタ

プラセンタの有効性と副作用

プラセンタの言葉は胎盤という意味ですが、サプリメント等では胎盤から有効な栄養成分を抽出したものを示し、古くなったりして弱った細胞に対し、細胞分裂を助け、新たに細胞を作りだす手助けをしています。

胎盤は、母体から酸素や栄養分を胎児へ運び、細胞分裂を促す成長因子成分を作り、胎児へ送り出し、胎児がたった10カ月で細胞分裂を繰り返し、確実に成長出来るよう重要な役割を担っています。そん力を活用して、プラセンタは経口摂取の他にも注射や塗布という手法で活用され、新陳代謝やホルモンや血流の改善、自律神経のバランスを整えたり、シミやしわの改善、更年期症状の改善を期待して活用されています。

プラセンタは、ヒト以外にも哺乳類から抽出されており、ヒトは医療機関でのみ錠剤で処方されており、市販に出回っているものは、ウマやブタのプラセンタと認識した方が良いです。特にウマやブタの場合、衛生状態や健康面での管理体制が気になると思いますが、最近では、SPFプラセンタなど安全で品質が高いものもあります。

プラセンタの副作用については、ヒトプラセンタではタンパク質は滅菌処理により分解されているため、報告はないですが、市販のものはタンパク質が含まれているため、食品のようにアレルギー反応が出る場合があります。市販のものを活用する時には特に、体質や体調を考慮し、出来れば始めに医療機関に相談する事をお勧めします。

↑ PAGE TOP